本サイトにはプロモーションが含まれています

水筒にお茶パック入れっぱなしはダメ? 使いやすい商品や気を付けたい事

水筒 お茶パック 入れっぱなし ティータイム

毎日持ち歩く水筒。

お茶パックを入れっぱなしにしてしまい、

味が濃すぎて失敗することはありませんか。

 

お茶パックを入れっぱなしにすると

雑菌の繁殖原因となるため注意が必要です。

 

この記事でわかること

・入れっぱなしでも苦くならない!水筒におすすめのお茶パック

・雑菌の繁殖を抑える!お茶パックの取り扱いで気をつけたいこと

外出先では

良いタイミングでお茶パックを取り出せないこともある為、

難しいことも多いですよね。

入れっぱなし出来るお茶パック

自宅で飲める1リットル用のものが多い

印象のお茶パック。

2.5〜3g程度の水筒用を探すと

水筒で美味しく飲めます。

麦茶

ノンカフェインでゴクゴク飲める麦茶。

パッケージも豊富なので、

500ml水筒用のものを選ぶと水筒にもピッタリです。

伊藤園の麦茶

緑茶

いつでも飲みたい緑茶。

水筒用のものを選ぶと濃くなりすぎることがなく美味しく飲めます。

 

スティックタイプのものを使う

スティックタイプの粉末緑茶などは、

一袋で味が決まり

茶葉を使わないので雑菌が繁殖しにくいです。

水筒は雑菌が繁殖しやすい

お茶の種類などによって異なりますが、

水筒は雑菌が繁殖しやすい環境です。

お茶の種類

麦茶など、穀物系のお茶は

菌が増殖しやすいので注意が必要です。

一方で、緑茶などのカテキンを含むお茶は

抗菌作用がある為

一日程度であれば大丈夫です。

温度

雑菌は

60度以上のお湯では、増殖しません。

水筒の温度キープが大切となります。

・保温性のある水筒を使う

・一日使ったら洗う

水筒に直接口をつけて飲むことで、

唾液が入り込み雑菌繁殖の原因にもなります。

 

温度キープの出来る水筒でも

毎日洗うことを心掛けましょう。

 

▽関連記事

水筒を洗うストレスから解放!簡単お手入れ方法

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました